電子申告時代の会計事務所システム 「 System-V 」で 「 e-事務所 」 にステップアップ

「e-事務所」を構築する会計事務所の次世代システム「System-V」 新登場

 トップ > ラインアップ > ソフトウエア > 電子申告  最新ニュース | カタログPDF | お問合せ   
System-Vトップ 顧問満足アップ 作業効率アップ 管理効率アップ 安心安全アップ 機動力アップ ラインアップ

System-V ハードウエア


■ 財務会計Pro

■ 税務申告Pro
法人税申告書
消費税申告書
勘定科目内訳書
事業概況説明書
減価償却
償却資産申告書
確定申告書
相続税申告書
贈与税申告書
財産評価
電子申告
届出書

■ Tam-Win アプリ
給与計算
年末調整
法定調書
源泉徴収高計算書電子申請
税務申告Pro 電子申告

 >> 特 徴

電子申告プログラムは、法人税・所得税・消費税・決算書データを国税庁で受け取れる形式に変換し、署名を貼って国税庁へ送信するためのプログラムです。

・e−Taxを開くことなく電子申告ができますので、作業がスムーズに行えます。


 >> 対応帳票



事前準備
状況にも依りますが、数週間から一ヶ月程度の準備期間が必要ですのでお早めに準備して下さい
  1. 電子証明書、または住民基本台帳カード(住基カード)を取得します
    住民基本台帳カードの場合、ご本人であれば、市区町村役所で三十分程度で取得可能です。
    その他の電子証明書の取得は数週間かかる場合が有りますので、お早めにご用意下さい。

    その際、市区町村役場の場合、運転免許証や保険証などの身分を証明する物が必要です。
    電子証明書の場合、住民票の写しや印鑑証明などが必要になる場合が有ります。
    (詳細は、市区町村役所や電子証明書の発行団体にご確認下さい。)

    税理士による代理送信では納税者の電子署名が省略可能ですので、
    納税者が電子証明書の取得および IC カードリーダライタの購入をする必要はありません。

    IC カード に IC カードドライバが添付されますので、お手元に保管しておいて下さい。

    その他、フロッピーディスクなどで電子証明書を入手された場合、以下にある、IC カードリーダライタは不要です。
  2. インターネットを利用できる環境が整ったパソコンの用意
  3. 書面および国税庁のホームページから利用開始届出書の提出
    税理士事務所、納税者、それぞれの利用開始届けを、各納税地の税務署へ提出します。
    「利用者識別番号」と「仮暗証番号」の通知書が送られて来ますので、
    指定された期間内に仮暗証番号の変更をする必要があります。
    (税務署に利用申請を提出してから利用者識別番号が送付されてくるまで、数週間必要です)

    また、税理士が納税者(顧問先)の利用開始届書を System-V や e-Tax で代理で提出し、利用者識別番号を取得することができます。
    (国税庁のホームページからの利用開始届出書を提出した場合、正式な暗証番号となります。
    国税庁のホームページから取得した暗証番号や仮暗証番号から変更した暗証番号の期限は3年間です)
  4. IC カードリーダライタの用意
    IC カードリーダライタを使用するためのデバイスドライバを 次の順でパソコンへインストールします。
  5. 前の手順で用意したデバイスドライバと、先に取得した IC カードドライバのインストール
    インストールの順番は以下を守って行って下さい。
    @ 4.の IC カードリーダライタのデバイスドライバ⇒ A 1.の IC カードドライバ
    通常、IC カード自体を運用する為のドライバーと、IC カードリードライタの為のドライバーが必要です
  6. e-Tax ソフトのインストールおよび最新版への更新
    当電子申告システムプログラムは e-Tax ソフトウェアを直接操作せずに作業を進めますが、 申告にお使いのコンピューターに e-Tax ソフトウェアがインストールされている必要があります。
    (電子申告プログラムで内部的に e-Tax システムを利用いたします)
  7. System-V 電子申告システムプログラム、マルチウィンドウ端末 Ver 3.13 以降および端末用電子申告環境設定の CD から、ソフトウェアーをインストールします
  8. System-V 法人税・所得税・消費税関連のプログラムを最新版にし、準備完了です
 
電子申告事前 Q&A
不安@ インターネットってどうやって申し込むの?
どうやったら使えるの?
解消@ タテムラにお任せ下さい、NTTの正規代理店として全ての作業を請け負います。
まずは、「0120-54-5011」 にご連絡下さい。
 
不安A インターネットって、コンピュータウィルスとかあって危険じゃないの?
解消A コンピュータウィルスの侵入を防ぐ、セキュリティーソフトがございます。
また電子申告で送信するパソコン以外はインターネットにつながない等の方法があります。
まずはご相談下さい。
 
不安B 電子申告って難しいし面倒なんでしょ!
解消B タテムラの System-V 電子申告プログラムを使えば簡単に電子申告できます。
ご要望いただければデモンストレーションにお伺いすることもできます。
ぜひお呼び下さい。
 
不安C 電子申告するには、まずどうしたらいいの?
解消C システムサービス課(042-553-5311)にご連絡下さい。
専任のスタッフが説明致します。
また、講習等のご利用で直接説明を行うことも可能です。
 
不安D 電子申告には何が必要?
解消D カードリーダライタ等必要な物は弊社で販売致しております。
弊社でご購入頂いたリーダーライターについては、設置から使えるようになるまでの設定まで、全てをサポートさせて頂きます。
 
不安E もし1人で電子申告をしようとしてできない場合どうしよう?
解消E 電子申告の送信までの補助、その他トラブル時に年三回までお伺いする
「電子申告 スーパー保守バリューパック」 を用意しております、ご活用下さい。
 


USB接続ICカードリーダ(オプション)

当社にてカードリーダを販売させていただきます。
全ての住基カードでご利用いただけます。
設置設定講習もセットで任せて安心。
是非ご検討ください。


資料請求